ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
河内長野市立図書館 Supported by TONE ホームページ

本文

図書館YouTube歴史講座「鬼住村と鬼伝説」について

印刷ページ表示 更新日:2021年3月17日更新
<外部リンク>

図書館YouTube歴史講座について

 令和2年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、歴史講座の実施ができませんでした。そこで、河内長野の歴史を知る機会を提供するため、市公式YouTubeを通じて歴史講座の配信を行うこととしました。ぜひご覧ください。

演題

 鬼住村と鬼伝説(第1回 約30分間)

内容

 河内長野市神ガ丘は、昭和29年4月1日以前は、鬼住(オニスミ)という地名であり 江戸時代の古文書には和泉の父鬼地区とともに鬼伝説が残されています。 その由来を市内に残されている古文書をたどりながら解説します。また、図書館内に設置している古文書閲覧システムのご紹介もします。

講師

 鎌田 和栄(図書館郷土資料担当)

第1回 関連資料(紹介順)

 西国三十三所名所図会(図書館所蔵)

 観心寺勘録縁起資財帳(国宝、観心寺所蔵)・・・古文書資料閲覧システムでご覧いただけます。

 鬼住区有文書(神ガ丘自治会所蔵)

 河内鑑名所記(図書館所蔵)

 観音冥応集 二(延命寺所蔵)

 川上地区の民話<外部リンク>(図書館所蔵)・・・電子図書館<外部リンク>でもご覧いただけます。


図書館外観

【開館時間】
令和3年1月5日から
<火曜日~金曜日>
午前10時~午後7時
<土曜日・日曜日>
午前10時~午後5時

【休館日】
 毎週月曜日、年末年始
 特別整理期間(蔵書点検)

蔵書検索システム

お問い合わせフォーム

みなさまの声を聞かせてください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?