ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
河内長野市立図書館 Supported by TONE ホームページ

本文

古文書画像閲覧システムについて

印刷ページ表示 更新日:2020年3月24日更新
<外部リンク>

古文書画像閲覧システムとは

 このシステムでは、河内長野市所在の河合寺、観心寺、金剛寺、八幡神社に伝来の古文書資料の内、中世文書(一部古代・近世初期文書を含む)をカラーデジタル画像で閲覧することができます。

公開画像には、例えば

観心寺勘録縁起資財帳(観心寺蔵)
楠木正成自筆書状(観心寺蔵/金剛寺蔵)
後醍醐天皇綸旨(観心寺蔵/金剛寺蔵)
後村上天皇綸旨(河合寺蔵/観心寺蔵/金剛寺蔵)

ほか、大変重要な文書資料がたくさん含まれます。

 この画像は、調査・デジタル撮影の後に画像データの形で図書館へ寄贈いただいたもので、調査・撮影主体については以下のとおりです。

画像データと調査・撮影主体
画像データ 調査・撮影主体
観心寺文書・河合寺文書・八幡神社文書 東京大学史料編纂所(2017年~2018年)
金剛寺文書(注1) 科学研究費助成事業(2019年度~2022年度)
基盤研究(C)「河内金剛寺文書に基づく中世地域社会史の研究」
(研究代表者 大阪大学 川合康)

(注1)金剛寺文書については、事業途中のため公開分はすべてではありません。今後数年継続される予定ですので、その都度画像を更新していきます。

 これらの文書資料の大部分は、『河内長野市史』4巻・5巻・6巻および『大日本古文書』(家わけ六 観心寺文書・家わけ七 金剛寺文書)に翻刻文が掲載されていますので、読みについてはそちらでご確認ください。

 なお、館内での公開については所蔵者のご了解を得ています。この画像データからのプリントアウトを希望される場合は、先に原本所蔵者である寺社の許可を得ていただくよう、お願いいたします。

設置場所

 図書館2階 調査・相談コーナー

古文書画像閲覧システム

利用方法

 図書館2階の調査・相談カウンターでお申し込みください。利用者登録していなくても利用できます。

利用時間

 午前9時30分から午後8時の間、1人2時間以内(休館日を除く)

ご注意

 画面の写真撮影はお断りいたします。古文書閲覧以外の操作はできません。


図書館外観

【開館時間】
令和3年1月5日から
<火曜日~金曜日>
午前10時~午後7時
<土曜日・日曜日>
午前10時~午後5時

令和2年7月1日から12月27日まで
<火曜日~金曜日>
午前9時30分~午後6時30分
<土曜日・日曜日・祝休日>
午前9時30分~午後5時

【休館日】
 毎週月曜日、年末年始
 特別整理期間(蔵書点検)

蔵書検索システム

お問い合わせフォーム

みなさまの声を聞かせてください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?