ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 分類でさがす > 市政・地域 > 広報・広聴 > 移住定住 > かわちながので暮らそう。移住定住相談デスク
かわちながので暮らそう。移住定住相談デスク

本文

移住定住相談デスク

印刷ページ表示 更新日:2019年12月19日更新
<外部リンク>

ポスター

河内長野市は、大阪都心まで約30分で行けるのに、市を囲む山並みは壮観で、市内に居ながらにして大自然を満喫できる自然豊かなまち。また、京都や堺から高野山に向かう高野街道が合流、縦断しており、古くから宿場町として栄え、市内各所に、国宝をはじめ多くの文化財が残されています。現在、大阪一の教育都市をめざし、子育て世代が住みよいまちづくりに取り組んでいます。そんな河内長野市で、あなたも暮しませんか?

 

お気軽に移住定住相談デスクへ

本市への移住や本市での定住(住宅を購入して住み続けること)を検討、希望される方をサポートするため、お問い合わせやご相談をお受けしております。詳しくは、広報広聴課までお問い合わせください。

移住定住相談デスクでは、「かわちながので暮らそう」と題したポスター&リーフレットを発行しました。リーフレットでは、本市での暮らしの魅力に加え、先輩住民(本市での住宅購入を経験した家族)の体験談やライフスタイルを率直に伝えています。

親子近居同居促進マイホーム取得補助制度

人口減少の著しい若年層の本市への転入・定住及び親子世代間の相互扶助を促進し、子育て・若年世帯が安心して出産・育児ができる住環境の創出と活力ある地域社会を築くため、平成29年4月からの新たな社会実験として、親子近居同居促進マイホーム取得補助制度を創設しました。補助要件には要件がありますので、詳しくは下記ページをご覧ください。

空き家バンク制度

市内の個人が所有する空き家・空き地(空き家等)を有効活用することにより、本市への定住化促進及び地域の活性化を図るための制度が「空き家バンク制度」です。空き家バンク制度とは、空き家等の売買・賃貸借・マイホーム借り上げ制度の利用を希望する所有者等に物件を登録していただき、市内への定住等を目的として空き家等の利用を希望する方に対し、その情報を紹介する制度です。

河内長野で暮らす皆さんの声をご紹介

市では、実際に上記の制度を利用されたご家族・ご夫婦や、河内長野の住宅団地で暮らす方に、河内長野市での暮らしについてお話を伺いました。ライフスタイルの参考にご活用ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)