ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 保険年金課 > 転出時の手続き(健康保険と年金)

本文

転出時の手続き(健康保険と年金)

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

健康保険

国民健康保険に加入している人

河内長野市の国民健康保険を脱退し、転出先の市区町村で新たに国民健康保険に加入することになります。河内長野市役所で転出届を提出する際に、保険証を返却するなど、河内長野市の国民健康保険を脱退する手続きが必要です。

職場などの健康保険に加入している人(任意継続制度の人、扶養家族の人を含む)

住所変更の手続き等について、職場などの健康保険へお問い合わせください。

後期高齢者医療制度に加入している人(75歳以上の人など)

転出先で新しく保険証が発行されます。これまでお使いの保険証は、転出日以降は無効となります。また、保険料も転出月以降は新しい住所地でのお支払いとなります。転出前月までの保険料の精算方法等については、保険年金課窓口までお問い合わせください。

国民年金

年金に加入中の人

現在国民年金に加入している20歳から60歳までの人(第1号被保険者)、任意加入中の60歳以上の人は、転出先の市区町村年金担当で住所変更の手続きをしてください。ただし、日本年金機構にマイナンバーが登録されている方は省略できる場合があります。

第1号被保険者で海外へ転出する場合は、任意加入もしくは資格喪失の届出が必要ですので市役所保険年金課で必ず手続きしてください。

厚生年金・共済組合に加入中の人(第2号被保険者)、またその扶養の配偶者(第3号被保険者)は勤務先に住所変更の届出が必要です。

年金を受給中の人

住所変更の手続きが必要です。日本年金機構の年金の場合は、転出先の市区町村の窓口へお問い合わせください。共済組合、企業年金等は、それぞれの支払い元にお問い合わせください。

 

各種医療助成制度

各種医療証をお持ちの場合は、保険年金課窓口までお届けを。