ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 産業・ビジネス > 産業 > 林業 > おおさか河内材の認証制度について
トップページ > 分類でさがす > 暮らし・環境 > 自然環境・ごみ > 環境保全 > おおさか河内材の認証制度について

本文

おおさか河内材の認証制度について

印刷ページ表示 更新日:2018年12月20日更新
<外部リンク>

おおさか河内材の認証制度について

大阪府の「おおさか材認証制度」により、河内長野市で生産される木材が、「おおさか材(おおさか河内材)」として認証を受けることができるようになりました。

これにより、おおさか河内材の証明書が発行されますので、合法的に生産・伐採された、産地が明らかな木材であることが証明されます。

平成29年4月時点で「おおさか河内材」としての認証を受けることができるのは、河内長野市と千早赤阪村産の木材です。

 

認証材のメリット

証明書が発行されるので、おおさか河内材であることを証明できます。

また、そうして証明された木材は、地元で育った、地域になじむ木材ですので、安全・安心に利用することができます。

他にも、以下の特典が得られます。

・一定以上認証材を使用した居宅を新築・購入する際に、近畿大阪銀行の住宅ローンの金利優遇を受けられる場合があります。

認証材を使うには

認証材の証明書を発行できるのは、大阪府に認定された製材業者のみです。おおさか河内材の認証材については、下記にお問い合わせください。

 

おおさか河内材販売促進協議会  河内長野市高向1818-1

電話番号:0721-63-0850  Fax:0721-63-0930

メール:kawachizai@sinrin.org

 

 

南河内地域以外の認定製材所については、下記リンクより大阪府のHPでご確認いただけます。

おおさか河内材を使って家を建てたい方や、リフォームをしたい方は、お近くの工務店または森林組合等にご相談のうえ、認定事業者から認証材をお求めください。

 

関連ページ