ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 河内長野市議会 > 質問者 浦山 宣之(議席番号:9)
河内長野市議会

本文

質問者 浦山 宣之(議席番号:9)

印刷ページ表示 更新日:2021年6月3日更新
<外部リンク>

(16) 質問者議員 浦 山 宣 之

 

件名1 ワクチンの接種体制を万全に。

 要旨1 ワクチンの優先接種に医療従事者、高齢者に次いで介護従事者

    (施設職員と条件付きで在宅サービス、訪問サービスの介護者)が対象

    となっている。今後、基礎疾患等の方々となってくるが、市の裁量で可能な限り、

    すべての介護従事者を含め本市独自の優先枠で進める必要があるのではないか。

   (1) 障がい関連(通所や放課後デイサービスなど)の従事者。コロナ禍で受け入れ側も

    運営できず、また利用者も利用控えとなり、症状が悪化するなど悪循環が起きている

    現状がある。

   (2) 今般の優先接種枠から漏れている医療従事者。例えば呼吸器や気管切開をしている

    医療的ケア児に関わる看護師、またその子らに関わる作業療法士や言語聴覚士など。

   (3) 保育園、幼稚園、教職員、放課後児童会を含む教育関係の従事者。

 要旨2 64歳以下の接種の方針は。

 

件名2 日本が直面する人口減少、少子高齢化の課題解決先進都市を目指して。

 要旨1 コロナの影響を大きく受けている地域公共交通(バス・タクシー)等をどのように守り、

   市民の移動手段を確保するのか。

 要旨2 スーパーシティ区域指定に向けた進捗は。またこれらの取り組みは市内全般に

   どのようにつながるのか。

 要旨3 南花台UR団地集約跡地の整備工事の進捗について。

   (1) 現在の進捗は。

   (2) サッカースタジアムの整備工事中だが、南花台一号線側の歩道を

     拡幅整備等したほうがよいとの声があるが、見解は。

 要旨4 子育てのまち河内長野市を目指して。

    (1) コロナが出生数にも影響があったと聞く。

     転入定住施策(マイホーム取得補助制度の対象者拡充など)や待機児童解消など、

     産み子育てしやすい環境を本市の特徴を生かして強化すべき時ではないか。

    (2) 石仏小学校のグラウンドの水はけが悪い。土の搬入後の効果は。