ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 河内長野市議会 > 質問者 大原 一郎(議席番号:15)
河内長野市議会

本文

質問者 大原 一郎(議席番号:15)

印刷ページ表示 更新日:2020年6月3日更新
<外部リンク>

(5) 質問者議員 大 原 一 郎

件名1 国の地方創生臨時交付金を活用した新しい生活様式対応事業について。

要旨1 小中学生に対するオンライン学習環境整備について。

  (1) 児童生徒1人1台のパソコン端末早期納入に向けた取り組みを問う。

  (2) 現有パソコン等を活用し、引きこもり児童や障がいを有する児童に対し、先行的にオンライン

    学習を始められないか。

要旨2 学習保障に必要な人的・物的体制の強化及び感染症対策を問う。

要旨3 新型コロナウイルス禍における本市介護現場の現状と今後の感染防止策及び人材確保

     対策を問う。

要旨4 新型コロナウイルス禍における本市就労継続支援事業所の現状と生産活動のさらなる

     活性化策を問う。

 

件名2 新しい生活様式の下、疲弊した地域経済を活性化させる河内長野モデルの構築を目指せ。

要旨1 盛大なイベント事業等に代わる新しい地域活性化策を問う。

要旨2 学校の長期休校や感染リスクの中、激務をこなしてきた保育従事者は慰労金支給対象から外れている。

     市独自で慰労金等を支給し、保育従事者に対する社会の処遇改善意識向上の一助にすることで潜在保育士の

     掘り起こしが進み、人材不足解消につながると考えるが市の考えを問う。