ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 河内長野市議会 > 質問者 仲川 学(議席番号:2)
河内長野市議会

本文

質問者 仲川 学(議席番号:2)

印刷ページ表示 更新日:2021年6月3日更新
<外部リンク>

(8) 質問者議員 仲 川  学

 

件名1 コロナ禍の影響による国民健康保険料及び介護保険料の減免について。

要旨1 昨年度から実施されているコロナ禍による国民健康保険料及び介護保険料の

    減免措置が今年度も継続される。市広報にも掲載されていたが、さらなる情報の

    周知徹底の上、減免を必要とする市内事業者を救済できる方法を。

 

件名2 子どもから高齢者まで、市民にさらなる福祉の充実を。

要旨1 在宅老人介護に手厚い支援の復活を。

   (1) 2007年に在宅老人介護支援金の支給基準が引き上げられたことにより、

    利用者が減少した。高齢化率が当時よりもさらに高い水準となっている当市として、

    現行制度を見直すべきではないか。

要旨2 18歳までの医療費助成の実現に向けて早急に検討を。

   (1) 近年、大阪府内でも18歳までの医療費助成を実施する自治体が増加している。

    先般の3月議会の日本共産党の代表質問を含めて過去の議会質問でも取り上げたが、

    現在の当市としての考えに進展はないのか。

   (2) 今年度に18歳までの医療費助成の実施予定の自治体を含めると、大阪府内の

    自治体の半数を超えて(43市町村のうち26市町)実施することになる。

    早期の実現に向けて、今年度中にも検討していくべきではないか。