ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 河内長野市議会 > 質問者 堀川 和彦(議席番号:6)
河内長野市議会

本文

質問者 堀川 和彦(議席番号:6)

印刷ページ表示 更新日:2021年6月3日更新
<外部リンク>

(9) 質問者議員 堀 川 和 彦

 

件名1 令和5年度より南花台小学校と南花台中学校、6年度より美加の台小学校と美加の台中学校が、中学校施設を使用し、同一施設での小中一貫教育を実施することが決まっている。そこで以下についてお聞きします。

 要旨1 同一施設で教育を行うのであれば、一人の校長の下、一つの教職員組織で、

     9年間を一つの学校として系統性を確保できる義務教育学校に再編したほうが

     教育効果が上がると考えるが、なぜ小学校と中学校の2校に分けたまま実施

     するのか。

 要旨2 昨年、視察に伺った全国学力テスト日本一の秋田県東成瀬村の教育長が、

     小中一貫教育を成功させるのは、両校の教員の信頼関係が構築できるか否かであると

     言われたが、そのとおりだと思う。この関係を構築するため、どのような方策を考えて

     いるのか。

 要旨3 中学生全員喫食の給食が実施方向で検討されているが、同一施設での小中一貫校は、

     その機会に前倒ししてでも導入すべきと考えるが、教育委員会の見解はどうか。

 

件名2 「河内長野市新型コロナウイルス感染症患者等への差別防止に関する条例」が昨年11月30日に公布されたので、以下についてお聞きします。

 要旨1 現在、この条例に抵触するような本市での事例はどのようなものがあるのか。

     また現状の課題と対策は。

 要旨2 この条例が公布されてから、予算化されて取り組んでいる施策はあるのか。

 

件名3 今議会で「河内長野市認知症と共に生きるまちづくり条例」の制定議案が提出されているので、以下についてお聞きします。

 要旨1 前議会で可決制定した「河内長野市手話言語条例」は、ろう者の皆様からの

     ご要望を受けたものだったが、今回の条例案が上がってきたプロセスはどのようなもので

     あったのか。

 要旨2 この条例が可決されたら、どのような施策が実施されるのか。また検討されるのか。

 要旨3 認知症患者が徘徊中に線路内に立ち入って起きた事故では、家族に損害賠償請求を

     求めたケースがあり、人命だけでなく、残された家族に多大な負担がかかることも

     予想される。本市ではアルソックと連携し、GPSに対応する器具(みまもりタグ)を

     貸与しているが、現状どの程度の効果を上げているのか。改善点は見られないのか。