ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 河内長野市議会 > 質問者 堀川 和彦(議席番号:6)
河内長野市議会

本文

質問者 堀川 和彦(議席番号:6)

印刷ページ表示 更新日:2021年3月3日更新
<外部リンク>

(3) 会派代表 市民クラブ

質問者議員 堀 川 和 彦

 

件名1 令和3年度予算編成について。

要旨1 コロナ禍で当初予算案では、約10億2千2百万円の市税減収を予想しているようだがその対応は。

要旨2 ここ数年、マイナスシーリングをかけて包括予算制度での編成をしているが、機械的に繰り返し行っていないか、かつて行っていた通常の予算編成とどちらを採用したほうが良いかとの議論はされているのか。

 

件名2 職員採用のあり方と、働き方改革について。

要旨1 トランスジェンダーの方々の採用についてどのように考えているのか。

要旨2 障がい者雇用の法定雇用率が0.1%引き上げられたが、本市の雇用率はいくらで何名の方を雇用しているのか。

要旨3 4月1日から70歳までの就業確保が努力義務化されるが、本市の対応は。

要旨4 女性職員の課長以上の管理職が極端に少ないのはなぜか。女性職員の活躍推進アクションプランを作成しているが達成できるのか。

要旨5 コロナ禍の今だからこそ、ワークライフバランスを考えていく必要がある。出退勤時間の柔軟化や時間外労働についてどのように考えているのか。

要旨6 労働基準法では労働条件の不利益変更を提示する際、労働者の過半数以上で構成する労働組合か、組合がない場合、労働者の過半数を代表するものと交渉し、労働協約を締結しなければ実施できない。本市では職員団体と協議済みとの答弁が過去に何回も繰り返されたが、本市の職員団体は過半数以上で構成されているのか、構成されていないなら、これまでの対応は適切と考えているのか。

 

件名3 スーモの物件検索数で本市が関西で一位になった。今こそ攻めの転入促進策をとるべきだと考えるがどうか。

 要旨1 コロナ以前とコロナ禍での転入状況に変化があったか。

 要旨2 転入促進策を進める際、PRすべき本市の魅力とは何か、またそれをどのように発信していくのか。

 

件名4 令和3年度予算案にシティマラソンの委託料が450万円計上されている。新型コロナウイルス感染症が収まり、日常の生活を取り戻したシンボル的な大会となるよう実施できればと考えるが、大会名やコース、内容はどうなるのか。