ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 河内長野市議会 > 質問者 原 歴史(議席番号:1)
河内長野市議会

本文

質問者 原 歴史(議席番号:1)

印刷ページ表示 更新日:2020年9月3日更新
<外部リンク>

(11) 質問者議員 原 歴 史

 

件名1 新型コロナウイルス感染症に対する予防策の強化について。

要旨1 新型コロナウイルスに対する検査体制のさらなる拡充を。

(1) 第2波の感染拡大以降、富田林保健所管轄内では1日当たりどの程度PCR検査や抗原検査が行われていますか。

(2) 富田林保健所管内に、保健所を介さず検査ができる地域外来検査センターは設置されましたか。

(3) 唾液検査が保険適用されたことから、各地で地域の診療所などかかりつけ医で検査が実施できる体制づくりが進められています。市内でもかかりつけ医で検査ができないか、医師会などと協議してください。

要旨2 市内の医療・介護従事者がPCRや抗原検査を受ける場合、その費用を助成する制度創設を検討してください。

要旨3 地域経済活性化策を実施するに当たり、新型コロナ感染症対策の取り組みはどのように啓発されていますか。

 

件名2 コロナ禍においても最大限、市民生活を支える路線バス便数の維持を。

要旨1 新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受けて、7月11日から南海バスのダイヤ改定が行われ、バスの便数が大幅に減少した地域があります。

(1) 地域のバス路線維持のため、市はどの程度負担金を支出していますか。

(2) 大幅に便数が減少した路線については、南海バスとダイヤの見直しなどを協議してください。

 

件名3 公共下水道受益者負担金徴収減免条件の追加について。

要旨1 新たに下水道が整備される区域で負担金を徴収する場合、中には合併浄化槽を増設して建て替えた住宅もあります。そういった場合は、下水道事業受益者負担に関する条例施行規程による負担金減免の対象に追加し、減免措置を考えるべきではないですか。