ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 分類でさがす > 子育て・学び > 人権 > 人権・平和 > みんなで広げよう シトラスリボンプロジェクト

本文

みんなで広げよう シトラスリボンプロジェクト

印刷ページ表示 更新日:2021年9月1日更新
<外部リンク>

河内長野市は「シトラスリボンプロジェクト」に賛同します

 河内長野市は、愛媛県の有志によって始められた「シトラスリボンプロジェクト」に賛同します。

 これまでに、多くの事業者や行政機関等が賛同し、差別や偏見をなくす取組として全国的に広がりつつあるこのプロジェクトに、河内長野市としても賛同し、コロナ差別防止に努めるとともに、今後も市民一人ひとりの人権が尊ばれる心豊かなまちづくりを進めます。

シトラスリボンプロジェクトとは

 コロナ禍で生まれた偏見、差別をなくし、誰もが地域の中で笑顔のある暮らしを取り戻せる社会にしようと、愛媛県の有志によって始められたのがシトラスリボンプロジェクトです。
 シトラス色のリボンやロゴを身に着けて、一人ひとりがそれぞれの暮らしの中で「ただいま」「おかえり」と温かく受け容れる気持ちを表し、感染された人が地域に帰ってきたときは、普段どおりの暮らしが送れるような、思いやりとぬくもりのある地域づくりを進める運動です。
 リボンの3つの輪は「地域」「家庭」「職場(学校)」を意味しており、愛媛特産の柑橘にちなみシトラス色をイメージカラーにしています。

シトラスリボン

ピンバッジをつけて差別防止をアピール

市ではこの度、河内長野市人権協会及び河内長野市作業所連絡協議会とともに、シトラスリボンのロゴマークを形どったピンバッジを作成しました。

市役所のなかでも、市職員等がこのピンバッジを身に着けることで、コロナ差別防止の輪が広がっています。

河内長野市は、「ただいま」「おかえり」って言いあえるまち、安全・安心が守られるまち、だれもが暮らしやすいまちを目指しています。

 

偏見や差別、自責の念等にとらわれて、誰にも相談できずにいませんか。

一人で悩まず、まずは相談窓口でお話してみませんか。

ご相談等はこちらへ

モックルとピンバッジ

シトラスリボンピンバッジを配布しています

「シトラスリボンプロジェクト」に賛同し、活動の輪を広げてくれる人へ、感謝の意味も込めて、作成したピンバッジをお配りします。

ピンバッジの配布

配布場所:河内長野市人権協会(市役所5階)

配布対象者:河内長野市民

配布数:先着800個

ピンバッジ画像

シトラスリボンを作ってみませんか

シトラス色のひもやリボンなどを準備し、「3つの輪」を作ればシトラスリボンができます。詳しい作り方は次のサイトで見ることができます。あなたもシトラスリボンを作ってみませんか。身に着けたり、玄関、職場の窓口などに掲示したりして、思いやりの輪を広げましょう。

シトラスリボンの作り方(YouTube)<外部リンク>

シトラスリボン

関連するページ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)