ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 政策企画課 > ふるさと納税制度とは

本文

ふるさと納税制度とは

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

河内長野市ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)のお申し込みはこちら(インターネット)

 

河内長野市ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)のページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

寄附のお申し込みなど、詳しくは、下記の河内長野市ふるさと応援寄附金特設サイトをご覧ください。

いずれのサイトからでもお申し込みいただけます。

※平成30年8月より特設サイトが新しく追加・リニューアルしました!

 

ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)制度について

ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)とは

 生まれ育ったふるさとや応援したい地方自治体に対して行う寄附のことで、河内長野市では「河内長野市ふるさと応援寄附金」と呼んでいます。

 河内長野市では、本市により親しみを持っていただくとともに、より応援していただけるよう、地元の特産品などの謝礼品をご用意しています。

 なお、寄附をしていただいた方は、確定申告やワンストップ特例制度を利用していただくことで、所得税や住民税が軽減されます。

※河内長野市内在住の市民の方からのご寄附に対して、謝礼品をお送りいたしません。(寄附のみはお受けいたします。)

寄附金の使い道について

寄附金の使い道を選んでいただけます

 ふるさと納税では、寄附金を自治体がどのように使用するのか、その用途をご寄附いただく際に選択することができます。

 皆さんからの寄附金は、河内長野市のまちの未来を築くための原動力となる「ひとづくり」や、住みよい環境のもと となる「美しい自然を守る」ことなどに、大切に活用しています。

 平成28年度に、寄附金により実現しました事業を、本市のキャラクター「モックル」がご紹介します。下記のリンクからご覧ください。


河内長野市を応援いただきました全国の皆さんに、心からお礼を申し上げます。

現在お選びいただける寄附金の使い道

森林の保全育成に関すること

高齢者福祉の推進に関すること

奨学金の給付に関すること

子どもの教育支援に関すること

多文化共生・国際交流等の推進に関すること

市民公益活動の支援に関すること

子育て支援に関すること

文化財の保護に関すること

産業の振興に関すること

文化・芸術・スポーツの振興に関すること

図書館の充実に関すること

青少年の健全育成に関すること

地域医療の充実に関すること

その他(市長に任せる)

ふるさと納税の税金控除について

ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)は、ご自身が選んだ自治体に寄附を行うと、控除上限額内の2,000円を超える部分について税金が控除されます。

税金控除を受けるためには、「確定申告」をするか「ワンストップ特例制度」の適用に関する申請が必要です。

ワンストップ特例制度について

ワンストップ特例制度は、年間の寄附先が5自治体までなら、確定申告をしなくても、寄附金控除が受けられる仕組みです。

申請書を寄付した自治体に送ることで、控除上限額内で寄附した合計寄附額のうち2,000円を差し引いた額が、住民税から全額控除されます。

申請方法や申請書については、お申し込みをされたふるさと納税特設サイトよりご確認ください。

※確定申告を必要とする(自営業者、医療費控除などを受ける)方は、ご利用いただけません。

控除額について

下記のリンクから、簡単な控除上限額を計算することができますので、参考にご利用ください。

なお、詳しい控除上限額についてはお住まいの自治体へお問い合わせください。

ご注意ください!

「河内長野市ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)」をかたった不当な請求が予想されます。詐欺などには十分ご注意ください。

河内長野市や市役所職員を装い寄附を強要するほか、寄附金を集金に回ったり、電話で口座を指定して振込を求めたり、ATMの操作を求めたりすることは一切ありません。