ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 政策企画課 > 都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)について

本文

都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)について

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

都市再生整備計画事業について 河内長野市では、平成19年度から、まちづくり交付金(現社会資本整備総合交付金※)を活用し、市が作成した都市再生整備計画に基づいた事業を実施しています。

まちづくり交付金は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的として、平成16年度に創設されました。

※まちづくり交付金は、平成22年度より社会資本整備総合交付金に統合され、同交付金の基幹事業である「都市再生整備計画事業」として位置づけられています。

 

都市再生整備計画(高向地区 平成24年~平成27年)

都市再生整備計画(小山田・下里地区 平成26年~平成28年)

都市再生整備計画 事後評価の公表

 事後評価は、市が作成した都市再生整備計画に基づき、事前にまちづくりの目標、目標を定量化する指標とその数値目標をの達成状況の確認と効果発現要因の整理をして今後のまちづくり方策を検討するために実施するものです。

三日市町駅周辺地区(平成19年~平成23年)

河内長野駅南地区(平成22年~平成25年)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)