ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 都市整備課 > 小山田西地区のまちづくりについて

本文

小山田西地区のまちづくりについて

印刷ページ表示 更新日:2023年12月18日更新
<外部リンク>
 河内長野市小山田西地区(以下「当地区」という。)は、都市計画道路大阪河内長野線の沿道に位置した約22haの丘陵田園地域です。
 現在は地区全域が市街化調整区域ですが、河内長野市第5次総合計画及び河内長野市都市計画マスタープランにおいて、「活力創造ゾーン」として、営農環境の保全に配慮しつつ、産業系土地利用を推進する地域としています。
 河内長野市では、都市計画道路大阪河内長野線の大阪府による整備と合わせた堺方面及び高速道路ICへの広域ネットワークの形成及び産業地の創出を目的に、当地区の整備に向けた検討及び調査を実施しています。地域においては、令和元年度からまちづくりについての勉強会を実施しており、令和3年3月には小山田西地区活性化協議会、令和5年3月には小山田西土地区画整理準備組合が設立され、現在、令和10年度の土地区画整理事業及び道路の供用に向けて取組みを進めています。

小山田西土地区画整理準備組合について

 令和5年3月、多くの地権者の賛同をもって小山田西土地区画整理準備組合が設立されました。現在、準備組合では、広域幹線道路となる都市計画道路大阪河内長野線(未整備)や堺アクセス道路(計画道路)の街路整備と併せて、周辺地域の都市基盤整備と土地の利用増進が可能となる土地区画整理事業の事業化に向けた検討や地権者の合意形成に取り組んでいます。

これまでの主な経過

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)