ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 都市計画課 > 開発事業の手続等に関する条例について

本文

開発事業の手続等に関する条例について

印刷ページ表示 更新日:2019年4月1日更新
<外部リンク>

「河内長野市開発事業の手続等に関する条例」を平成23年4月1日より施行しています。

市民・事業者・市の相互の理解と協力の状況です。

 この条例は、開発事業において、市民・事業者・市の相互の理解と協力を促進し、地域の特性に応じた良好な住環境へ誘導することを目的とし、主に次に示す内容を取り入れ、市民・事業者・市の協働の仕組みを明確にしたものです。

  1. 相互理解と協力を促進するための手続の明確化
    • 規模に応じた手続の義務化
    • 周辺説明範囲の明確化
    • 話し合いルールの構築
    • 手続の透明性の向上
  2. 良好な住環境への誘導
    • 小規模な開発事業区域の設定防止
    • 河内長野市ゆとり開発事業認定
  3. 紛争調整の仕組みを構築
    • あっせん制度の構築
    • 調停制度の構築

※詳しくはパンフレットでご確認ください。

条例・規則・施行基準等

条例の運用は次の「条例」「施行規則」「施行基準」「認定基準」に基づき行います。

手続様式について

手続要領について

書類作成要領について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)