ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 危機管理課 > ハザードマップについて

本文

ハザードマップについて

印刷ページ表示 更新日:2019年3月15日更新
<外部リンク>
表紙画像

災害ハザードマップ

平成31年3月に災害ハザードマップを改訂し、全戸に配布しました。

このハザードマップでは、土砂災害や浸水被害の恐れがある場所や災害の際に生命を守るために避難する避難場所、また日頃から災害に備えておくべき項目などを記載しています。

最寄りの避難所や、ご自宅の周辺の危険個所などを事前に確認し、大地震発生時や風水害時にはスムーズな行動をとれるようにしましょう。

 

地域版ハザードマップ

土砂災害の発生する可能性が高い地域や、孤立する可能性が高い地域、市の指定する避難所までの距離が遠い地域などを対象に、地域の特性や過去の災害履歴、危険箇所、一時避難場所など、防災に関することを記した地域版ハザードマップを作成しています。

※地域版ハザードマップを作成する地域は市で選定し実施しています。また、全地域で実施する事業ではありません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)