ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 危機管理課 > 不動産取引業者の皆さんへ(水害リスク情報の重要事項説明への追加について)

本文

不動産取引業者の皆さんへ(水害リスク情報の重要事項説明への追加について)

印刷ページ表示 更新日:2021年10月21日更新
<外部リンク>

宅地建物取引業法施行規則の一部改正(令和2年8月28日施行)により、不動産取引時に、水防法に基づき作成された水害(洪水、雨水出水、高潮)ハザードマップにおける取引対象の物件地について説明することが義務化されました。それに伴い、物件調査にかかる問い合わせが増えているため、よくある質問と回答を掲載します。

<参照>
国土交通省「宅地建物取引業法施行規則の改正について」<外部リンク>
国土交通省「宅地建物取引業法施行規則の一部改正(水害リスク情報の重要事項説明への追加について)に関するQ&A」<外部リンク>

Q1:河内長野市の水害ハザードマップなどの作成状況をおしえてください。

A1:河内長野市の水害ハザードマップなどの作成状況は次のとおりです。

ハザードマップ作成状況
ハザード種類 作成有無

水防法に基づく

備考
洪水 あり

ただし、平成27年改正以前の水防法に基づく計画規模降雨によるものです。

内水 あり ×

水防法に基づき作成されたものではありません。詳しくは
河内長野市内水ハザードマップについてをご覧ください。

高潮 無し 本市に高潮の危険区域はありません。
土砂災害 あり

土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律に基づき、洪水ハザードマップ内に重ねて記載していますので、併せて説明をお願いいたします。
土砂災害警戒区域については「土砂災害警戒区域等の確認方法について」をご覧ください。

 

Q2:ハザードマップ(冊子版)は市役所でもらえますか。

A2:冊子版のハザードマップは、不動産取引業者向けの配布を行っていません。
河内長野市の災害ハザードマップはホームページで公開していますので、当該住宅が該当するエリアなど、必要なページをダウンロードしてください。

災害・地域版ハザードマップについて

 

Q3:河内長野市の最新のハザードマップはいつ発行されたものですか。

A3:平成31年3月に発行したものが最新です。

 

Q4:河内長野市の洪水ハザードマップは「想定最大規模降雨」を想定したものですか。

Q4:河内長野市の洪水ハザードマップに掲載されている浸水区域は、平成27年改正以前の水防法に基づく計画規模降雨によるものです。想定最大規模降雨による浸水区域につきましては、災害ハザードマップ掲載ページ最下段に大阪府のホームページを掲載しています。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)