ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 健康推進課 > 乳幼児の予防接種について

本文

乳幼児の予防接種について

印刷ページ表示 更新日:2019年5月30日更新
<外部リンク>

予防接種のリーフレット(厚生労働省作成)

保護者の方向けに、お子さんが定期の予防接種を受けることになった時に、ぜひ知っていただきたいワクチンの話と副反応について、ワクチンごとにまとめられています。

対象年齢

 生後2か月~5歳未満(標準的には生後2か月~7か月未満で接種開始)

接種回数

 初回 3回(標準的に2・3回目は前回接種日から27日~56日あける)

 追加 1回(標準的には、初回接種終了後7か月~13か月未満あける)

申し込み方法

 直接取扱医療機関へ予約

小児の肺炎球菌感染症

対象年齢

 生後2か月~5歳未満(標準的には生後2か月~7か月未満で接種開始)

接種回数

 初回 3回(標準的に2・3回目は前回接種日から27日以上あける)

 追加 1回(標準的には初回接種終了後60日以上あけて、かつ1歳から1歳3か月未満の間に受ける)

申し込み方法

 直接取扱医療機関へ予約

B型肝炎

対象年齢

1歳未満(標準的な接種期間は生後2か月~9か月未満)

接種回数など

 3回 27日以上の間隔で2回、初回接種から139日以上をあけて1回

申し込み方法

 直接取扱医療機関へ予約

四種混合1期(ジフテリア・破傷風・百日せき・ポリオ)

対象年齢

 生後3か月~7歳6か月未満(標準的には生後3か月~1歳未満で接種開始)

接種回数など

 初回 3回(標準的に2・3回目は前回接種日から20日~56日あける)

 追加 1回(3回目終了後6か月以上(標準的には12~18か月未満)あける)

申し込み方法

 直接取扱医療機関へ予約

BCG

対象年齢

 1歳未満(生後5か月~8か月未満)

接種回数など

 1回

申し込み

 直接取扱医療機関へ予約

水痘

対象年齢

 1歳~3歳未満(標準的に1回目は1歳~1歳3か月未満で接種開始)

接種回数

 2回(1回目と2回目は3か月以上(標準的には6か月~12か月未満)あける)

申し込み方法

 直接取扱医療機関へ予約

麻しん風しん1期

対象年齢

 1歳~2歳未満

接種回数など

 1回

※2歳を超えて未接種の人は保健センターまでご連絡ください。

申し込み

 直接取扱医療機関へ予約

麻しん風しん2期

対象年齢

 5歳~7歳未満で、幼稚園・保育園の年長児に当たる年齢(平成25年4月2日~平成26年4月1日生)

接種回数など

 1回

※未接種の人で小学生になられた人は保健センターまでご連絡ください。

申し込み

 直接取扱医療機関へ予約

二種混合2期(破傷風・ジフテリア)

対象年齢

 11歳~13歳未満(標準的には11歳~12歳未満)

接種回数など

 1回

申し込み

 直接取扱医療機関へ予約

日本脳炎1期

対象年齢

 生後6か月~7歳6か月未満(標準的には1,2回目は3~4歳未満)

接種回数など

 初回 2回(1回目と2回目は6日以上(標準的に2回目は前回接種日から6日~28日)あける)

 追加 1回(2回目終了後、6か月以上(標準的には初回接種終了後、おおむね1年)あける)

申し込み

 直接取扱医療機関へ予約

日本脳炎2期

対象年齢

 9~13歳未満(標準的には9歳~10歳未満)

接種回数など

 1回

申し込み

 直接取扱医療機関へ予約

日本脳炎特例

対象者・接種時期

※平成19年4月1日以前に生まれた20歳未満の人

 日本脳炎1期(全3回)、2期(1回)が終了していない場合、20歳未満の間に不足分を接種することができます。

※平成19年4月2日~平成21年10月1日生の人

日本脳炎1期(全3回)が7歳6か月未満までに終了していない場合、不足分を2期の期間(9歳~13歳未満)に接種することができます。

(接種間隔については、保健センターにお問合せください。)

申し込み

 直接取扱医療機関へ予約

子宮頸がんワクチン

現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません

(平成31年4月1日現在)

対象年齢

 12歳になる年度初日から16歳になる年度末日までの女子(標準的には中学1年生で接種)

接種回数

 ※2価ワクチン「サーバリックス」の場合

 3回(1回目から1か月あけて2回目、1回目から6か月以上あけて3回目を受ける)

 ※4価ワクチン「ガーダシル」の場合

 3回(1回目から2か月以上あけて2回目、1回目から6か月以上あけて3回目を受ける)

申し込み方法

 直接取扱医療機関へ予約

予防接種のお知らせ

 ※予防接種の詳細については、4月広報紙と同時配布しました、「保健センター年間事業案内」もごらんください。

持ちものなど

 母子健康手帳、ボールペン、予診票

 予診票をお持ちでない場合は、市内予防接種取扱医療機関に設置していますので、そちらをご使用ください。またその際は、印鑑を忘れずにお持ちください。

予防接種手帳の交付

 出生届を出された際に市民窓口課でお渡しします。

 転入された場合または他市町村で出生届を出された場合は、後日、保健センターからお送りします。

 ※お急ぎの方は保健センターまでご連絡ください。送付させていただきます。

平成31年度予防接種取扱医療機関一覧は、下記をご覧ください。

※取扱い医療機関以外で定期予防接種を希望する場合、接種する前に申請が必要です。

 里帰り先など、取扱い医療機関以外で定期予防接種を希望する場合、保健センターが発行する「他市町村等予防接種依頼書」が必要となります。これは、予防接種を受けたことにより万一健康被害等が発生した場合、予防接種法に基づく救済を行うためです。なお、取扱い医療機関以外で接種を受けた場合の接種費用は、接種する市町村が負担していただける場合を除き、一旦自己負担となります。接種後、申請により接種費用の一部または全額を払い戻すことができます。

取扱い医療機関以外で定期予防接種を希望する場合は、接種する前に「他市町村等予防接種依頼申請書」にて保健センターまでご申請ください。他市町村等予防接種依頼申請書 [Excelファイル/37KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)