ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 分類でさがす > 暮らし・環境 > 自然環境・ごみ > ごみ > ごみ処理場で相次いで火災、爆発事故が発生しました

本文

ごみ処理場で相次いで火災、爆発事故が発生しました

印刷ページ表示 更新日:2021年11月5日更新
<外部リンク>

天井

※10/19の事故の爆風で吹き飛んだ天井の写真(南河内環境事業組合提供)

 10月19日に富田林市甘南備にある南河内環境事業組合第1清掃工場の粗大ごみ処理施設内で、搬入されたごみが爆発し、施設が大きく損傷する事故が発生しました。

 同施設では、昨年6月にも大規模な火災事故が起きており、施設の復旧に約8か月、約4億6千万円もの費用を要しています。

河内長野市のごみを処理する第2清掃工場でも、搬入されたごみによる発火事故が発生しています

 ごみ処理施設の火災や爆発事故の多くは、ガスボンベ、スプレー缶、カセットボンベ、(使い捨て)ライター、充電池(リチウムイオン電池等)などが、ごみに混入したことによるものです。これらは、ごみ処理施設だけでなく、収集作業車でも発火・爆発するおそれがあり、大変危険です。今一度、ごみの出し方、分別の徹底にご理解・ご協力をお願いします。

火災・爆発のおそれがあるもの

主なもの
品目 処分方法
ガスボンベ 収集できません。取扱店等へ引取りを依頼してください。
スプレー缶、カセットボンベ 中身を使い切り、資源ごみ(カン)で出してください。
ライター 中身を使い切り、もえるごみで出してください。
ストーブ 灯油等の燃料を抜いて、もえないごみ・粗大ごみで出してください。
携行缶 中身を空にして、もえないごみ・粗大ごみで出してください。
乾電池で作動する製品 電池を取り外し、もえないごみ・粗大ごみで出してください。
充電池(リチウムイオン電池等)を使用した製品 充電池を取り外し、もえないごみ・粗大ごみで出してください。充電池は、市内各所に回収ボックスを設置していますので、回収にご協力ください。

関連ページ

小型充電式電池の回収について

リチウムイオン電池が出火原因となる事例が報告されています