ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 環境政策課 > ペットを飼うときは愛情と責任を持って

本文

ペットを飼うときは愛情と責任を持って

印刷ページ表示 更新日:2019年5月23日更新
<外部リンク>

ペットを飼うときは愛情と責任を持って

 犬や猫などのペットは、人間の大切なパートナーであり、家族の一員です。しかし、飼う人がきちんと世話をしなければ、ペットは他人に迷惑をかける有害な動物になってしまいます。

 しっかりしつけをして、ペットがその命を終えるまできちんと飼うことが、飼い主の愛情と責任です。

ペットを安易に捨てないで

 最近、捨て犬や捨て猫の数が増えています。これら捨て犬や捨て猫が野犬や野良猫となり、フン害の大きな原因になっています。むやみにエサを与えることも被害の助長へとつながりますので、やめてください。

 また、ペットの繁殖を希望しない場合は、避妊や去勢手術をして、絶対に捨てないようにしましょう。捨てると法律などにより罰せられる場合があります。

もし飼えなくなったら

 何らかの事情でペットを飼えなくなったら、新しい飼い主を探す努力をしてください。

 それでもだめな時は、大阪府動物愛護管理センター(羽曳野市尺度53番地の4電話:072-958-8212)へ連絡してください。

 ※引き取り申請の際には、電話による事前相談および予約が必要です。