ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 環境政策課 > きれいなまちづくり条例に関すること

本文

きれいなまちづくり条例に関すること

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

 河内長野市きれいなまちづくり条例は、生活環境の確保に関し基本となる事柄を定めるとともに、市、市民、事業者の役割を明らかにし、相互の協力のもとにきれいなまちづくりを推進していくことを目的とした条例です。

 河内長野市では本条例に沿って、「吸い殻や空き缶のポイ捨てや犬のふんの放置、落書き等の禁止」「適正な空き地の自主的な管理」 を促すことにより、きれいなまちづくりを目指します。

 また、条例の制定に際し、条例(案)について、意見募集(パブリックコメント)を実施した結果は次のとおりです。

環境監視連絡員に関すること

 きれいなまちづくり条例第9条に基づき、地域の生活環境等の状況を常に把握し、きれいなまちづくりを推進するために環境監視連絡員を設置しています。

 環境監視連絡員は、きれいなまちづくり条例施行規則第4条に基づき、市長より任命され、河内長野市の自然、文化及び生活環境を常に把握し、必要に応じてその状況を報告する義務があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)