ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長コラム(平成31年度)
市長の部屋

本文

市長コラム(平成31年度)

印刷ページ表示 更新日:2019年5月1日更新
<外部リンク>

 このページでは、私の想いを市民のみなさんと共有できればと考え、定期的に発信してまいります。

図書館の有効利用を(平成31年4月)

  みなさんは、一年に何冊ぐらいの本を読まれるでしょうか。私は、本屋さんで話題の本を衝動買いし、そのまま本棚にしまっておくことが多いタイプです。小学生のころは豊臣秀吉や野口英世など伝記をよく読みましたし、西代神社横にあった旧市立図書館にも自転車で通いましたが、正直なところ、現在はあまり本を読みません。読書離れは社会問題にもなっていますが、表現力豊かな人は決まって読書家で、うらやましく思うことが多々あります。

 さて、みなさんは市立図書館を利用されているでしょうか。50万冊近くの蔵書があり、それらはインターネットを通して検索でき、予約も可能です。

 その他、図書館では様々なサービスを提供しており、調べたい内容を図書館司書に相談すれば、調査の手伝いをしてくれます。例えば、私の場合、「楠公駅伝」について調べたことがあるのですが、インターネット検索では思うような情報が得られず途方に暮れていたところ、図書館から郷土資料を含めたいくつかの文献を紹介され、有用な情報を得ることができたという経験があります。

 今後は、新たに英語多読本コーナーを整備し、国際交流協会と連携して英語のおはなし会も開催する計画です。ぜひ、市立図書館をご利用ください。

市長読書

経営戦略をいかした組織改革(令和元年5月)

 私は市長就任前に、神戸大学大学院で社会人や留学生を相手に「経営戦略論」を教えていました。経営学の中で、「組織は戦略に従う」という基本的な考え方があり、戦略をうまく機能させるために、組織構造が重要であると考えられています。
一方、「戦略は組織に従う」という逆の見方もあり、組織の特徴を生かして、戦略を立案することが重要という見解です。どちらも、ある意味正しく、組織と戦略は相互に依存する関係だということを示唆しています。

 市役所においては、時の流れに合わせるべく、あるいは、施策を効果的に実現させるべく、組織機構の見直しを行い、併せて人事異動を行います。例えば、昨年度は、空家または空地が急激に増加してきたことにともない、空家対策係を新設し、今年は保健福祉の支援を充実させるために、保健福祉部を、市民保健部と福祉部に分割しました。

 人事配置に関して、適材適所を第一に考えますが、新しい経験を積ませるために、ジョブ・ローテーションも行います。市役所には様々な人材がいますが、すべての職員が資源となり、河内長野市の行政を担っています。これからもスマートシティを有効に推進するために、組織を構築していきます。


施政方針・所信表明
交際費