ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 保険年金課 > 医療機関で受診するとき

本文

医療機関で受診するとき

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

医療機関では、保険証などを提示すれば、医療費の一部を負担するだけで次の医療を受けることができます。

  • 診察、治療、薬や注射などの処置
  • 入院および看護(入院時の食事代等は別途負担)
  • 在宅療養(かかりつけ医の訪問診療)および看護
  • 訪問看護(医師が必要と認めた場合)

医療費の自己負担割合

医療費の自己負担割合は次のとおりです。

義務教育就学前

2割

義務教育就学後から70歳未満

3割

70歳以上75歳未満

  • 現役並み所得者
    3割
  • 現役並み所得者以外
    2割(※1)

(※1)誕生日が、昭和19年4月1日以前の人は1割に据え置かれます。

70歳以上の人は「高齢受給者証」を忘れずに!

70歳以上75歳未満の人には、所得などに応じた自己負担割合が記載された「高齢受給者証」が交付されます。適用は70歳の誕生日の翌月(1日が誕生日の人はその月)からです。医療機関にかかるときは、必ず「保険証」と一緒に「高齢受給者証」を提示してください。

なお、75歳の誕生日からは後期高齢者医療制度で医療を受けます。

70歳以上75歳未満の人の所得区分について

70歳以上75歳未満の人の所得区分は「現役並み所得者3・2・1」「一般」「低所得者2」「低所得者1」の6つに区分され、当該年度の市民税課税所得(前年中の収入に基づく)などで判定されます。ただし、4月から7月までは前年度の市民税課税所得(前々年中の収入に基づく)などで判定されます。

 70歳以上75歳未満の人の所得区分の詳細については、下記をご覧ください。

70歳からの高額療養費の所得区分等が変更になります(平成30年8月改正)[PDFファイル/173KB]

入院時の食事代等

入院したときの食事代等は、標準負担額を自己負担し、残りは国保が負担します。

国保世帯としての市民税非課税世帯と「低所得者2」・「低所得者1」の人は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要です。国保の窓口に申請してください。

入院時の食事代等は、高額療養費の対象となりません。

入院時の食事代の標準負担額は次のとおりです。

(次の「65歳以上の人が療養病床に入院したとき」以外の場合)

下記以外の人

1食460円(一部260円の場合があります)

市民税非課税世帯または「低所得者2」

  • 90日までの入院(過去12か月の入院日数合計)
    1食210円
  • 90日を超える入院(同上)
    1食160円

 *90日を超える入院に該当される方は、保険年金課6番窓口でお手続きをお願いします。詳しくはお問い合わせください。

「低所得者1」

1食100円

65歳以上の人が療養病床に入院したときの食事代等(食費・居住費)

65歳以上の人が療養病床に入院したときは、食費と居住費として、それぞれ下記の「療養病床入院時の食費・居住費の標準負担額」を負担します。

ただし、入院医療の必要性の高い状態が継続する患者および回復期リハビリテーション病棟に入院している患者については、上記「入院時の食事代の標準負担額」と同額の食材料費相当のみを負担します。

療養病床入院時の食費・居住費の標準負担額

下記以外の人

  • 食費(1食あたり)
    460円(一部医療機関では420円)
  • 居住費(1日あたり)
    370円

市民税非課税世帯または「低所得者2」

  • 食費(1食あたり)
    210円
  • 居住費(1日あたり)
    370円

「低所得者1」

  • 食費(1食あたり)
    130円
  • 居住費(1日あたり)
    370円

無収入などの人も市府民税の申告を!

医療費などの自己負担額の軽減などは、市民税を決める税の申告に基づき決定されるため、所得の把握が必要です。無収入・少収入の人、遺族年金や障害年金のみを受給している人など、確定申告など税の申告義務がない人でも、毎年忘れずに市役所の税務課で市府民税の申告をしてください。「税の申告」がないと所得の把握ができず、前述の軽減の決定などが受けられない場合があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさまの声を聞かせてください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?