ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 農林課 > 市内の一部地域においてウメ、モモなどの苗、植木、盆栽、切り枝などの持ち出しが禁止されました。

本文

市内の一部地域においてウメ、モモなどの苗、植木、盆栽、切り枝などの持ち出しが禁止されました。

印刷ページ表示 更新日:2018年12月26日更新
<外部リンク>

 市内でウメ輪紋病の感染樹が認識されており、平成27年度の国・府による調査の結果、植物防疫法に基づき、本市の一部地域においてウメ、モモなどの苗、植木、盆栽、切り枝などの持ち出しが禁止されました。

持ち出してはいけない地域

持ち出してはいけない地域(緊急防除区域)

  • 市町
  • 木戸
  • 木戸町※
  • 木戸東町
  • 楠町西
  • 楠町東
  • 汐の宮町
  • 千代田南町
  • 松ヶ丘東町
  • 松ヶ丘中町

※一般国道三百十号線以東の地域

持ち出してはいけない植物

 ウメ、モモ、ユスラウメ、スモモ、アンズ、ネクタリン、オウトウ、セイヨウマユミ、ヨウシュイボタなど

 ※種子および果実は持ち出すことができます。

ウメ輪紋病とは

 ウメなどの特定の植物に感染するウイルス病で、人や動物へは感染せず、感染樹の果実を食べても健康に影響はありません。

 感染すると病斑が葉に生じ(詳細は下のPDFや大阪府サイト)、外国ではモモやスモモの果実にも斑紋が現れるなど、大きな被害が報告されています。

 このため、同ウイルスは植物防疫法にとり、根絶をめざした緊急防除が実施されています。

関連ページ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさまの声を聞かせてください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?