ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 環境政策課 > ペットボトルのキャップ回収について

本文

ペットボトルのキャップ回収について

印刷ページ表示 更新日:2019年2月27日更新
<外部リンク>

 市役所では、地球温暖化対策のひとつとして、資源を有効活用するため、ペットボトルのキャップを分別回収しています。

 このキャップは、一般社団法人こども食堂さんが回収後、ボールペン等にリサイクルして、その売り上げの一部を世界の国々の子どもたちのワクチン接種に役立てるために寄付されています。

 ペットボトルキャップの分別回収にご協力をお願いします。

回収場所

市役所4階環境政策課及び1階来客駐車場側入口付近(回収ボックスを設置しています)。

各公民館、るーぷらざ、障害者福祉センター、消費生活センター、市民交流センターカフェドくすくす、林業総合センター、青少年活動センター、日野コミュニティセンター、福祉センター、子ども・子育て総合センターあいっく。

その他、学校などと連携し、キャップの回収を行っています。

お願い

  • ペットボトルのキャップだけを袋に入れて持ち込んでください。他の容器のキャップやプルタブ、金属のキャップなどは回収していません。
  • キャップはきれいに洗って乾かしてください。
  • キャップに貼られているシールなどは取りのぞいてください。
  • 汚れたもの、ペイントされたものはリサイクルできないため、回収していません。
  • 回収したキャップはごみではなく「資源」としてリサイクルしますので、できるだけきれいな状態で持ち込んでください。みなさんのご理解とご協力をお願いいたします。
ペットボトルキャップの年度別回収量
年度 回収量

平成29年度

552,400個

平成28年度

620,000個

平成27年度

675,200個

※1kgを400個として計算しています。

ペットボトルキャップ回収活動の報告(西中学校)

 平成28年12月27日に、西中学校の生徒会のみなさんが、学校で一年間集めたペットボトルキャップを、分別、洗浄、乾燥の後、市役所まで持って来てくださいました。

 皆さんの活動の様子をお聞きし、回収されたペットボトルの行方や環境に関するお話しをすることができました。

 今後もこのような学校や地域との連携による環境教育、環境学習の機会を設けていきたいと考えていますので、ご要望がありましたら、環境政策課までご連絡ください。

西中学校の生徒会のみなさんの画像