ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
認知症への支援

本文

認知症パートナーの活動紹介

印刷ページ表示 更新日:2019年9月17日更新
<外部リンク>

認知症パートナーは、まちかどカフェ(認知症カフェ)や介護保険施設で活動しています。

平成30年度からは、お散歩やお話相手など 共に過ごす個別支援活動も開始しました。

 

認知症パートナーは、市主催の4日間の養成講座を受講した認知症のボランティアです。

令和元年度は、8名の認知症パートナーが誕生しました。

パートナー養成講座

 

認知症パートナーの活動の様子

まちかどカフェ(認知症カフェ)

カフェの様子

認知症パートナーの活動の様子の画像

 

カレーパーティ

事前に、玉ねぎ、ジャガイモ、ニンジンを収穫し、令和元年6月27日カレーパーティーを開催しました。

包丁を持つと表情がイキイキ! みなさん楽しく参加していただきました。

カレー調理中

カレーを煮込む間に、みんなで歌ったり体操をしたりして楽しみました。

レクリエーションの様子

わらび会(食生活改善推進員)の方々が、ブルーベリーソースを添えたミルクゼリーを作ってくださいました。

カレー

 

おいもパーティー

平成30年11月27日 おれんじファームで収穫したさつまいもを使って、認知症のご本人やご家族と一緒にスィートポテトを作って食べました。

認知症のご本人も、それぞれ役割分担をして調理に参加。スタッフより上手に包丁でさつまいもの皮をむいてくださった方もいて、一緒に参加されたご家族は「家では全然しないのに、こんなんできるんやね!」と驚かれていました。

わらび会の皆さんにもお手伝いいただき、さつまいもの皮できんぴらを作ってくださいました。

おいもパーティーの写真

今年は、さつまいもをたくさん育てて焼きいもを計画中!

もちろん おいもパーティも開催します!

 

 

 

 


認知症の人への支援に関心のある方へ