ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 健康推進課 > 化学物質過敏症について

本文

化学物質過敏症について

印刷ページ表示 更新日:2018年10月10日更新
<外部リンク>

最初にある程度の科学物質に暴露されるか、低濃度の化学物質に長期間反復暴露されて、いったん過敏
状態になるとその後、極めて微量の同系統の化学物質に対しても過敏症状を来す方がおられます。
(※化学物質とは、化粧品、建材をはじめ、家庭用品や化粧品や香水や整髪料など。)

これは、アレルギー性と中毒症の両方に跨る疾患、あるいはアレルギー反応と急性・慢性中毒の症状が
複雑に絡み合っている疾患であるとも考えられています。

化学物質過敏症へのご理解をお願いします。