ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

旧三日市交番について

印刷ページ表示 更新日:2019年1月1日更新
<外部リンク>
名称 河内長野市指定文化財旧三日市交番
施設概要

旧三日市交番は、昭和27年に建築され、平成19年に三日市交番が三日市町駅前へ移転するまで、地域の治安を守ってきました。

木造駐在所の形態を今日に伝える貴重な遺産であり、かつての宿場町の雰囲気を残す周囲の景観によく馴染んでいることから、平成22年10月7日に河内長野市の指定文化財となりました。

その後、平成23年6月からこの建物の保存修理を行い、当時の姿を再現しました。

修理の完了した平成24年8月、旧三日市交番は歴史・文化の情報発信の拠点としてオープン。

施設の運営は、三日市小学校区連合町会と市が協働で行い、高野街道三日市宿として栄えた地域の歴史と文化について情報を発信しています。

アクセス

南海高野線・近鉄長野線「河内長野」駅から徒歩約20分

南海高野線「三日市町」駅から徒歩約15分

所在地

〒586-0048

河内長野市三日市町1062

電話番号 0721-62-5050
開館日

土曜日・日曜日・祝日 午前10時~午後4時

(年末年始・秋祭りの日・だんじり試験曳きの日を除く)

利用申込方法

入館無料。団体でお越しの場合はお問合せ下さい。

お問い合わせ先

平日のお問合せはふるさと文化財課へ

 

外観

旧三日市交番外観

地図