ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 介護保険課 > 高齢者の障がい者控除対象者認定書の交付について

本文

高齢者の障がい者控除対象者認定書の交付について

印刷ページ表示 更新日:2019年11月1日更新
<外部リンク>

高齢者の障がい者控除対象者認定書の交付について

 

河内長野市では障がい者手帳などをお持ちでなくとも、介護保険の要支援・要介護認定を受けている65歳以上の高齢

の方で、障がい者控除対象者認定基準に該当する方に対して、申請により「障がい者控除対象者認定書」の交付

行っております。

認定書が交付されますと所得税・住民税の障がい者控除を受けることができます。

 

 

【申請者】

・税の申告をされる方(対象者本人またはその方を扶養するご親族の方)が申請してください。

 

【申請に必要なもの】

 ・申請者の印鑑

 ・申請者の身分証明書(運転免許証、健康保険証など)

 ・対象者本人の介護保険被保険者証

 ・障がい者控除対象者認定申請書(市役所の窓口にもあります。)

 

【障がい者控除認定基準】

介護保険の「認定調査票」及び「主治医意見書」記載の下記自立度により判定します。

基準に該当する場合に認定書を交付いたします。

 

○障がい者控除認定対象基準

  認知症高齢者の日常生活自立度が「」または「」  

 

○特別障がい者控除認定基準

  認知症高齢者の日常生活自立度が「」または「

  障がい高齢者の日常生活自立度が「」または「

 

【認定基準日】

 所得控除を受けようとする年の12月31日が認定基準日です。

(年の途中でお亡くなりになられた場合はその日)

 

【申請先】

介護保険課

(認定書は、申請後、認定基準日が過ぎましたら、郵送いたします。)