ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 高齢福祉課 > 河内長野市認知症と共に生きるまちづくり条例について

本文

河内長野市認知症と共に生きるまちづくり条例について

印刷ページ表示 更新日:2021年7月1日更新
<外部リンク>

河内長野市認知症と共に生きるまちづくり条例を制定

 令和3年6月22日に河内長野市認知症と共に生きるまちづくり条例を制定し、同年7月1日に施行しました。
 本市は、大阪府内で高齢化率が最も高い市として、認知症支援施策の更なる推進が求められています。
 この条例は、認知症になっても尊厳と希望をもち、安心して暮らすことができるまちづくりの基本理念を定め、市、市民、事業者、地域組織、関係機関など、あらゆる主体が責務と役割を持ちながら、まちぐるみで「認知症と共に生きるまちづくり」を推進することを目的としています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)