ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 政策企画課 > 市長直轄(危機管理)の運営方針(平成30年度)

本文

市長直轄(危機管理)の運営方針(平成30年度)

印刷ページ表示 更新日:2018年4月1日更新
<外部リンク>

 「安全・安心に暮らせるまちを築く危機管理対策の強化」

 災害や大規模事故等より、市民の生命と財産を守るため、安全・安心に暮らせるまちを築く危機管理対策の強化に取り組みます。

 また、大規模災害に備え、地域防災計画に基づく災害時備蓄物資整備計画により、公的備蓄の必要量を確保すると共に適時更新を継続することで日頃から非常時の備えを充実し、備蓄物資の確保体制を整備します。

所管組織

重点施策

1 地域防災力の強化

めざす方向

 自主防災組織の活動を活発にするため、地域防災リーダーの育成を進めるとともに自主防災協議会との連携を強化し、自主防災の組織化を進めます。

 また、平常時から、必要な防災活動を行い地域で互いに協力し、防災力を高める体制を構築します。

2 災害時行動力の強化

めざす方向

 河内長野市避難所運営マニュアルを基に各避難所毎のルールを地域の方々と作成し、スムーズな避難所開設、運営のための地域別避難所運営マニュアルの作成を進めます。

 また、各種ハザードマップについては、人的被害の軽減を図るため、行政と住民等とのリスクコミュニケーションツールとして有効活用していきます。

3 災害時備蓄物資の整備

めざす方向

 災害時の食糧・生活必需品等の備蓄調達については、男女のニーズの違いなど、男女双方の視点やアレルギー対応等にも十分配慮して整備を進めます。

4 大阪一犯罪の少ないまちづくり

めざす方向

 犯罪のない明るく住みよいまちづくりを進めるため、市民と共に防犯協議会や警察との更なる連携強化を図り、防犯意識の向上と犯罪状況に応じた防止策を行い、大阪一犯罪の少ないまちをめざします。