ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 政策企画課 > 行政経営改革プランに関すること

本文

行政経営改革プランに関すること

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

基本方針 まちづくりを支える持続可能な行政経営の推進

(1)策定の目的

市民と行政が力をあわせてまちづくりに取り組むことにより、河内長野市第5次総合計画を実行性ある計画とし、本市を将来にわたり持続的に発展させていくことを目的として、新たに、今後の行政経営改革の指針となる「行政経営改革プラン」を策定しました。

(2)行政経営改革プランの基本方針

河内長野市第5次総合計画を実行性ある計画とし、本市が将来にわたって持続的に発展していけるよう、以下の基本方針のもと、行政経営改革を推進します。

<行政経営改革プランの基本方針>

まちづくりを支える持続可能な行政経営の推進

(3)計画期間

行政経営改革プランの計画期間は、河内長野市第5次総合計画前期基本計画と同じ平成28年度から32年度までの5年間とします。

<行政経営改革プランの計画期間>

平成28年度~平成32年度

行政経営改革プランの構成

(1)改革の3つの視点

上記基本方針に基づき、基本構想が掲げる「まちづくりを支える政策」を着実に推進するため、以下の3つの改革の視点別に具体的な取組みの方向性を定め、市民・関係団体・事業者などと行政が互いに連携・協力して協働によるまちづくりを進めるとともに、限りある資源で最良の行政サービスを提供できる効率的かつ安定的な行財政運営をめざします。

改革の3つの視点

  • 改革の視点1:協働型の行政運営
    公・民の役割分担を明確にし、協働によるまちづくりをマネジメントします
  • 改革の視点2:効率的な行政運営
    トップマネジメントの下、行政評価を軸とした効率的な行政運営を行います
  • 改革の視点3:安定した財政運営
    総合計画を支える安定した財政運営の仕組みを確立し、財源の範囲内で適正に運用します

河内長野市行政経営改革プラン[PDFファイル/868KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)