ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 税務課 > 所得税と市府民税の計算の違いはありますか?

本文

所得税と市府民税の計算の違いはありますか?

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

答え

市・府民税所得割の計算の順序は所得税と同じですが、控除や税率に次のような違いがあります。

  1. 控除額は、たとえば基礎控除・配偶者控除・扶養(一般)控除の額は、所得税では38万円ですが、市・府民税は33万円です。
  2. 税率は、所得税では、平成29年分では5%から45%までの7段階になりますが、市民税は、平成29年度課税分は、一律6%、府民税は一律4%になります。

詳しくは個人住民税の説明をご覧ください。

国税についてのお問い合わせは国税庁のホームページをご覧ください。

関連ファイル

関連ページ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)