ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 税務課 > 死亡した人の固定資産税はどうなりますか?

本文

死亡した人の固定資産税はどうなりますか?

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

答え

固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)現在の登記簿上の所有者に課税されます。その所有者が、賦課期日より前に死亡している場合には、賦課期日現在、その土地・家屋を現に所有している人に課税されます。もし、賦課期日までに相続登記が完了されない場合は、相続人の代表者の選定届が必要になりますので、その旨を申告してください。また、死亡された方が未登記の建物を所有していた場合、未登記物件の名義変更届を提出していただくことになります。