ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 都市計画課 > ブロック塀の安全確認をしましょう

本文

ブロック塀の安全確認をしましょう

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

ブロック塀は、見かけはしっかりしていても地震時に倒壊するおそれがあります。

平成30年6月18日に発生した、大阪府北部を震源とする地震では、ブロック塀が倒壊し、下敷きになって死亡した事例が発生しています。また、倒壊したブロック塀は道路をふさぎ、被災者の避難や救助活動の妨げにもなります。

ブロック塀は私的財産で、所有者の責任において管理されるものですが、特に道路沿道のブロック塀は、その地域に住む人々の安全や避難などに大きく関わる問題です。

まずは、ご自身が所有する自宅のブロック塀に関して、自己点検をしてみましょう。また、定期的に点検を行い、このような事故が起きないよう、地震に備えることが大切です。

自宅のブロック塀を点検しよう

自宅のブロック塀について、以下の項目を点検し、ひとつでも不適合があれば危険なので改善しましょう。まず外観で1~5をチェックし、ひとつでも不適合がある場合やわからないことがあれば、専門家に相談しましょう。

自宅のブロック塀を点検しようの画像

  1. 塀は高すぎないか
    塀の高さは地盤から2.2m以下か。
  2. 塀の厚さは十分か
    塀の厚さは10cm以上か。(塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)
  3. 控え壁はあるか。(塀の高さが1.2m超の場合)
    塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。
  4. 基礎があるか
    コンクリートの基礎があるか。
  5. 塀は健全か
    塀に傾き、ひび割れはないか。
    専門家に相談しましょう
  6. 塀に鉄筋は入っているか
    • 塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも、80cm間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
    • 基礎の根入れ深さは30cm以上か。(塀の高さが1.2m超の場合)

ブロック塀に関してご相談が有る場合は、大阪府が相談窓口を開設していますので、ご確認ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)