ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 子ども・子育て総合センターあいっく > 叱るときに子どもを叩いてしまいます。

本文

叱るときに子どもを叩いてしまいます。

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

答え

『叩くこと』によって、子どもが親の言うことを聞いたかのように見えますが、子どもにとっては、『痛かった』、『怖かった』ということしか伝わっていません。

『感情的に怒る、叩く』よりも、『なぜ、親が、あなたを叱っているのか』を、<子どもに分かる言葉で知らせてあげる>ほうが効果的です。

もしも、親の怒りの原因が、子どもの行動そのものではなく、「時間に余裕がない」、「気持ちに余裕がない」ということであれば、親の生活スタイルを見直すことで、改善されていくことがあるかもしれません。

叩いてしまったことを、子どもの寝顔を見ながら、後悔し自分を責めてしまっていませんか?そのような状況が続いていると、親も子も苦しいことと思います。

ひとりで抱え込まずに、子ども・子育て総合センターあいっく、保健センターなどにご相談ください。