ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 子ども・子育て総合センターあいっく > 『限局性学習症/学習障害』について、教えて下さい。

本文

『限局性学習症/学習障害』について、教えて下さい。

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

答え

『限局性学習症/学習障害』とは、全般的な知的発達に遅れはないけれども、聞く、話す、読む、書く、計算するなどの特定の能力を部分的に身につけにくい、うまく使えないなど、日常生活上、様々なつまずきが生じている状態のことをいいます。

こういった特徴を持っている場合、早ければ幼稚園頃に注意力の低下や不器用さ、コミュニケーションの問題、友達とのトラブルなどが見られることがあります。

『限局性学習症/学習障害』は特徴が多彩ですが、基本的な対応は、その子どもの得意なところで苦手なところを補うということです。例えば、聞いて覚えることが苦手な場合、重要な伝言はメモや黒板を利用し、『見て理解する力』を手がかりにして伝えるということが必要です。

このような対応を検討する為には、子どもがどういった特徴を持っているかを、詳細に知る必要があり、専門機関に相談されることをお勧めします。