ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

助産制度など

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

助産施設への入所

経済的理由で病院で入院助産を受けることができない妊産婦を手助けする制度です。対象は生活保護世帯、市民税非課税世帯の妊産婦です。一部負担金が必要な場合があります。

申請に必要なもの

印鑑、世帯全員の住民票の写し、非課税証明書(世帯全員必要)、母子健康手帳、健康保険証

子育て短期支援事業

児童を養育している保護者が疾病・家庭養育上の事由により、家庭において児童を養育することが一時的に困難となった場合や経済的な理由により、緊急一時的に母子を保護することが必要な場合等に、児童福祉施設等において、一定期間、養育・保護を行います。

養育・保護の期間は7日以内です。
※所得の状況により、一部負担金が必要です。