ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 日本遺産のまち かわちながの > 女性とともに今に息づく女人高野~時を超え、時に合わせて見守り続ける癒しの聖地~
日本遺産のまち かわちながの

本文

女性とともに今に息づく女人高野~時を超え、時に合わせて見守り続ける癒しの聖地~

印刷ページ表示 更新日:2021年10月13日更新
<外部リンク>

 河内長野市が、宇陀市(奈良県)、九度山町・高野町(和歌山県)と連携して申請しておりました「女性とともに今に息づく女人高野~時を超え、時に合わせて見守り続ける癒しの聖地~」が、日本遺産に認定されました。

ストーリー概要

 高野山は、近代まで「女人結界」が定められ、境内での女性たちの参拝は叶わなかった。そんな時代にあっても女性たちの、身内の冥福を祈る声、明日の安らぎを願う声を聴いていた、「女人高野」と呼ばれるお寺があった。
優美な曲線を描くお堂の屋根、静かに願いを聴いている柔和なお顔の仏像、四季の移ろいを映す周囲の樹々、これらが調和した空間を『名所図会』は見事に実写し、表現した。そこに描かれた「女人高野」は時を超え、時に合わせて女性とともに今に息づき、訪れる女性たちを癒し続けている。

構成文化財

天野山金剛寺(河内長野市)、宀一山(べんいちさん)室生寺(宇陀市)、慈尊院(九度山町)、不動坂口女人堂(高野町)など