ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 介護保険 > 介護保険負担限度額認定書について
介護保険

本文

介護保険負担限度額認定書について

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

負担限度額制度(食費・居住費の減額)について

 介護保険施設へ入所(短期入所を含む)すると、原則として食費と居住費(滞在費)は自己負担となりますが、一定の要件を満たす方は、申請すれば限度額まで減額されます。この制度を利用される方は、申請の手続きをしてください。

要件

 世帯全員(世帯が異なる配偶者を含む)が市民税非課税世帯で、預貯金・有価証券・投資信託などの一定額(単身1,000万円、夫婦2,000万円)以下の人。

※段階区分の判定には、課税年金収入およびその他合計所得金額と遺族年金及び障害年金などの非課税年金を含めて判定します。

申請方法

  • 掲載している添付ファイル「負担限度額認定申請書」に必要事項を記入してください。
  • 記入いただいた申請書一式と被保険者様名義の通帳すべてのコピーを持ってきてください。(配偶者の方がいる場合は、配偶者の方の通帳のコピーも必要です。)

申請書

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)