ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 介護保険 > EPA介護福祉士が訪問系サービスを提供するに当たって受入れ機関などが注意すべき事項について
介護保険

本文

EPA介護福祉士が訪問系サービスを提供するに当たって受入れ機関などが注意すべき事項について

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

 平成29年4月1日から、経済連携協定(EPA)に基づき介護福祉士候補者として入国し、介護福祉士の国家資格を取得した者の就労範囲に利用者の居宅においてサービスを提供する業務を追加することになりました。ついてはEPA介護福祉士が訪問介護サービスを提供するに当たって受入れ機関が受入れ機関などが注意すべき事項について掲載します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)