ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

国登録文化財 南天苑本館

印刷ページ表示 更新日:2019年4月17日更新
<外部リンク>

区分(有形文化財)種別(建造物)

国登録文化財 南天苑本館

Nantenen-honkan 一棟

所在地 河内長野市天見
所有者 株式会社南天苑
時代 大正
登録年月日 平成15年7月17日

国登録文化財 南天苑本館の画像

南天苑公式サイト<外部リンク>

 南天苑本館はもともと堺市大浜公園にあり、大正2年に開設された「潮湯」という娯楽施設内の「家族湯」という建物が昭和10年(1935)に移築されたものです。

 この建物は、当時の建築界で大御所であった辰野金吾が設立し、東京駅や大阪市中央公会堂などを設計した「辰野片岡建築事務所」によるものです。当事務所の作品の中でも和風建築のものは例がなく、昭和初期の和風近代建築の特色をよく残し貴重です。現在も温泉旅館として営業されています。

参考文献:河内長野市教育委員会(2002)『河内長野の近代建築』