ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 暮らし・環境 > 保険・年金 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療保険料の軽減額が一部変更に

本文

後期高齢者医療保険料の軽減額が一部変更に

印刷ページ表示 更新日:2019年6月10日更新
<外部リンク>

後期高齢者医療保険料の軽減額が一部変更になります

<平成31年度の保険料の算定方法(大阪府)>

保険料年額

均等割額

被保険者1人当たり

51,491円

所得割額

賦課のもととなる所得金額

×所得割率9.90%

■均等割額の軽減(平成31年度)
世帯(同一世帯内の被保険者と世帯主)の所得に応じて均等割額(51,491円)が軽減されます。

所得の判定区分

均等割額の    軽減割合

軽減後の
均等割額  (年額)

1、 世帯の総所得金額等が33万円以下で、かつ、被保険者全員の各所得が0円であるとき (ただし、公的年金等控除額は80万円として計算する)

8割

10,298円

2、 世帯の総所得金額等が33万円以下

8.5割

7,723円

3、 世帯の総所得金額等が33万円+(28万円×被保険者数)以下

5割

25,745円

4、 世帯の総所得金額等が33万円+(51万円×被保険者数)以下

2割

41,192円

■会社の健康保険などの被扶養者であった方の軽減
 後期高齢者医療制度加入日の前日において、会社の健康保険など(※)の被扶養者であった方の年間の保険料額は所得割額は賦課されず、資格取得後2年間は均等割額の5割が軽減されます。※国民健康保険・国民健康保険組合を除く。詳しくはお問合せください。