ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 保険年金課 > 平成31年4月から国民年金第1号被保険者の産前産後期間の保険料免除制度がはじまります。

本文

平成31年4月から国民年金第1号被保険者の産前産後期間の保険料免除制度がはじまります。

印刷ページ表示 更新日:2019年4月1日更新
<外部リンク>

産前産後期間の免除制度

免除期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間(以下「産前産後期間」といいます。)の国民年金保険料が免除されます。

なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された場合を含みます。)

※この免除期間は、年金受給額を計算する際に保険料を納めた期間として扱われます。

対象者

国民年金1号被保険者で出産日が平成31年2月1日以降の人

届出時期

出産予定日の6か月前から届出可能です。

※ただし、届出ができるのは平成31年4月からです。

届出先

市保険年金課の国民年金担当窓口

届出に必要なもの

年金手帳・母子手帳など出産予定日(出産日)のわかるもの・認め印(朱肉の使えるもの)

 

詳しくは、日本年金機構ホームページへ<外部リンク>

 

問い合わせ

 保険年金課または天王寺年金事務所:06-6772-7531