ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 保険年金課 > 平成30年度から国民健康保険料(普通徴収)の仮算定がなくなりました

本文

平成30年度から国民健康保険料(普通徴収)の仮算定がなくなりました

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

 平成30年度より国民健康保険料の「仮算定」がなくなりました。

 平成29年度まで国民健康保険料の納付通知書は4月(仮算定)と7月(本算定)の年2回お送りしていましたが、今後は6月(本算定)の1回のみとなりました。これにより、納付回数は年12回(4月~翌年3月)から年10回(6月~翌年3月)に変更となりました。

注釈:保険料が特別徴収(年金から天引き)の方は上記の方法とは異なり、従来どおり4月・6月・8月に保険料の仮徴収を行います。

平成30年度から国民健康保険料(普通徴収)の仮算定がなくなりますの画像