ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 文化財保護課 > 令和3年度 地域文化財総合活用推進事業(文化庁補助事業)の実施計画策定に係る市民提案の募集

本文

令和3年度 地域文化財総合活用推進事業(文化庁補助事業)の実施計画策定に係る市民提案の募集

印刷ページ表示 更新日:2020年11月9日更新
<外部リンク>

 地域文化財総合活用推進事業(文化庁補助事業)を実施するにあたり、河内長野市では「令和3年度 河内長野市文化遺産活用事業実施計画」(以下「実施計画」という。)の策定を行うこととなりました。

 つきましては、実施計画をより充実させ、効果的なものとするために、事業の提案を広く求めます。

下記の内容をご参照の上、ご提案いただきますようお願い申し上げます。

1.提案募集期限

 令和2年12月7日月曜日 午後5時30分必着 (河内長野市教育委員会 文化財保護課へ提出)

2.実施計画作成方針について

・文化庁が定めた「令和3年度 地域文化財総合活用推進事業(地域文化遺産)【文化芸術振興費補助金】募集案内<外部リンク>」(以下「募集案内」という。)に合致した事業提案をもとに、河内長野市の文化遺産を活用した地域活性化に貢献する事業の実施計画策定を行います。文化庁ホームページ等から募集案内を入手し、内容を確認した上で事業の提案をお願いします。

・実施計画は、河内長野市教育委員会が企画した事業と市民提案事業により構成します。

・市が策定する実施計画に基づき、河内長野市文化遺産活用事業実行委員会(以下「実行委員会」という。)が事業計画書を作成し、文化庁に補助金交付要望書を提出します。

・文化庁による交付要望書の審査を受け、事業の採否・内示額が提示されます。その後、実行委員会が補助金交付申請書を提出し、補助金交付が決定されます。

3.注意点

・文化庁の募集案内で補助対象外とされている事業や事業経費が含まれていないかを十分に確認した上でご提案ください。

・文化庁の審査の結果、提案いただいた事業が不採択になる場合や補助金内示額が交付要望額かを下回る可能性があることをご承知おきください。

・地車等の祭礼用具修理や伝統行事の継承に係る事業は、事業費の15%以上を自己負担する必要があります。また、補助金内示額が事業総額に満たない場合でも、自己負担を交え事業提案書に記載した修理を実施してください。

・地車等の祭礼用具修理は、修理の仕様について、学識経験者等の専門家の指導を踏まえることとし、指導内容を書面で提出してください。専門家の意見を徴することが困難な場合は、文化財保護課にご相談ください。

・祭礼用具等の修理を提案する場合、対象となる用具を所有している団体は実行委員会に参加していただくことになります。

・令和4年度は、本事業の見直し期間となっており、河内長野市からこの補助金の交付申請を行うことができないためご注意ください。

4.提出書類について

<提出書類> [Wordファイル/73KB]

 様式1 事業提案書の提出について

 様式2 事業提案書

 様式3 経費内訳書

  ・見積書(使用料及び借料、役務費、委託費、請負費等)

  ・仕様書(用具の修理・新調、役務費、委託費、請負費等)

 様式4 事業に係る文化財の概要

 様式5 用具等整備の対象となる文化財の現況

 様式6 事務担当連絡先

5.問い合わせ先

 河内長野市教育委員会 文化財保護課

 電話 0721-53-1111(内線742)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)