ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 教育総務課 > 通学路におけるブロック塀等の危険個所の緊急調査について

本文

通学路におけるブロック塀等の危険個所の緊急調査について

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

 平成30年6月18日7時58分大阪府北部で発生した地震により、小学校のプールのブロック塀が倒壊し、児童が亡くなるという痛ましい事故が発生しました。

 この事故を受け、平成30年6月21日付けで、大阪府教育庁教育振興室長及び大阪府住宅まちづくり部建築指導室長の連名により、「通学路におけるブロック塀等の安全点検」調査依頼がありましたので、全7中学校区(小学校13校、中学校7校)に分けて緊急調査を実施しました。

 平成30年6月26日及び27日に全7中学校区の調査を行った結果は下記のとおりです。

調査内容

 今回の調査は、7中学校区の通学路上での目視による、高さ・傾き・ひび割れ・積み方などにおいて、危険と見受けられるブロック塀や組積造塀を調査したものです。ただし、鉄筋・控壁・基礎等については、目視によるものであるため、調査対象外としています。

調査結果

目視により危険性が見受けられるブロック塀等 936箇所

(内 ブロック塀686箇所、組積造塀250箇所)

高さについて

  • ブロック塀の内 下部擁壁を含め2m20cmを超えるもの 357箇所
  • 組積造塀の内 下部擁壁を含め1m20cmを超えるもの 213箇所
  • 合計 570箇所

傾き・ひび割れについて

  • ブロック塀の内 傾き、またはひび割れがあるもの 231箇所
  • 組積造塀の内 傾き、またはひび割れがあるもの 85箇所
  • 合計 316箇所

積み方について

  • ブロック塀の内 土止め壁使用や玉石擁壁の上にあるもの 466箇所
  • 組積造塀の内 土止め壁使用や玉石擁壁の上にあるもの 155箇所
  • 合計 621箇所

中学校区ごとの箇所数について

  • 長野中学校区 106箇所 東中学校区 170箇所
  • 千代田中学校区 149箇所 西中学校区 129箇所
  • 加賀田中学校区 177箇所 南花台中学校区 160箇所
  • 美加の台中学校区 45箇所 合計 936箇所