ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

決議案第5号

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

生活密着型の公共投資の推進による景気対策を求める意見書

 わが国の景気の現状は、好調な輸出を背景にリーマンショック後の最悪期は脱することができた。しかしながら、依然として低成長にとどまっており、雇用情勢も新卒未就職者が数多く出るほど厳しい状況が続いている。
 特に地方経済は深刻で、中小・零細企業は、デフレの影響や公共投資の大幅削減の影響で長引く不況に喘いでいる。
 したがって、政府は当面の景気回復のための経済対策を打つべきであり、特に地方経済の振興は国の景気対策として欠かせない。そのためには、政府が地方振興策及び地方の雇用拡充を重要な施策として取り組み、必要な公共投資を積極的に行うことで、景気対策を進めるべきである。
 公共施設の耐震化や、近年多発している「ゲリラ豪雨」などの災害対策は必要な公共事業として潜在的需要が高いと考える。
 このように、必要な公共投資は着実に推進すべきであり、地方経済が活性化する効果も大いに見込める。
 政府におかれては、地方の雇用拡充と内需振興を図る景気対策のために、真に必要とされる以下のような公共投資について、予算確保と執行を強く求める。

  1. 学校など公共施設の耐震化に積極的に取り組み、雇用の拡充と地方経済の活性化を図 ること。
  2. 太陽光発電の設置や介護施設の拡充といった新しい時代に即した公共投資を着実に促進し、内需の拡大による振興を図ること。
  3. 地域に密着した基盤整備の充実や老朽化した施設(橋梁、トンネル、上下水道管など)の計画的な更新・大規模修繕を積極的に推進し、地域生活の安全と地方振興に取り組むこと。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

平成22年9月28日

河内長野市議会