ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 議会総務課 > 質問者 丹羽 実(議席番号:13)

本文

質問者 丹羽 実(議席番号:13)

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

(13) 質問者議員 丹 羽  実

 

件名1 市民により添った行政を。

要旨1 昨年の台風21号での家屋損傷などで、市民は、保険会社からの保険金などもありますが、大きな出費を強いられました。災害時の市が発行する「り災証明」「被害証明」の発行手数料を条例改正し、無料にしてはどうかお聞きします。

要旨2 今年3月末で当市の病児保育制度が休止になりました。直ちに再開させなければなりません。休止に至った原因を分析して今後の対策に活かし、再開をしてください。再開の見通しと再開時期をお聞きします。

 

件名2 安全・安心なまちづくりを。

要旨1 突然無人になった住宅で所有責任者が判明しない場合、市は、緊急対策として何ができるのか。特に電気・ガス・水道は。長期間判明しない場合や連絡が付いても長期間放置されている場合は、空き家の処理と同様になるのかお聞きします。

要旨2 現在、国道310号歩道に太陽光パネル付防災型LED照明灯・非常用コンセント付(災害時用歩道照明灯)が設置されています。このタイプの街灯は、大規模災害時に電力会社からの電力供給が止まっても携帯電話くらいの充電には利用できます。当市も指定避難所や地域の主な公園などに設置してはどうかお聞きします。