ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 議会総務課 > 質問者 宮本 哲(議席番号:12)

本文

質問者 宮本 哲(議席番号:12)

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

(8) 質問者議員 宮本 哲

件名1 森林経営管理法が4月1日に施行される。河内長野市にとってどのような影響をもたらすのか。

  要旨1 本法律の概要は。

  要旨2 同法に関連し、市の負担金や交付金の仕組みは。

  要旨3 この法律により、河内長野市にとって何が進むのか。

  要旨4 現時点で懸念されることは。

  要旨5 市における対象面積は、また森林保有者は何件ほどあり、周知の方法は。

  要旨6 42条、43条では災害等防止措置命令、代執行の項がある。ここでも市が主体的に動ける範疇が出てくると思われるが、どういったケースが考えられるのか。

 

件名2 各避難所等の環境改善を。

 要旨1 指定避難所には小中学校の体育館が位置付けられているケースが多いが、同施設にはテレビが整備されていない。避難されてくる状況から見て、常設ではなくても開設されたときに持ち込みできるようにすべきではないか。

 要旨2 天見小学校体育館は同フロアにトイレがない。階段を使わなくてはならず、高齢者が多く地域のコミュニティの場としても利用される機会が多いところであり、対策を考えるべきではないか。 

  要旨3 福祉避難所はじめ、各避難所の設備の詳細内容が示されていない。避難所ごとの対応可能な設備状況を示すべきではないか。

 

件名3 ふるさと農道事業について。

  要旨1 総事業費がまたもや4億円以上の見直しがあり、市の直接負担も7千万円の増額となった。国・府に対し増額を受け入れられない意思は示したのか。